HSP* あれこれ敏感だけど幸せな日々

daysofhsp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 15日

人としての成熟 と ヒステリックな人の攻撃を受けてしまったら

過去に、ある女性から言葉や表情や・・・罵詈雑言、態度の暴力を受け続けたことがあります。


1対1になってしまうと、彼女は強さを増して怒鳴ったり、ため息交じりに「あなたのためを思って、応援しているからこそのこと」と言ったり。

どうして私だけにこんなことするんだろう?

うっすら疑問もあったけど、この頃はだいぶ私自身の自己肯定感も低くなり、覇気を失い、考えて行動することができなくなっていました。

心と身体のバランスも崩れ、普段の生活ができなくなり、とてもとても、辛い日々でした。





彼女から受けたことは「攻撃」であり、彼女が何かしらのコンプレックスを抱え、人としての成熟ができていないために、誰かを攻撃した。

その攻撃の相手が、私だった。

攻撃は人を傷つけるだけで、許されることではない。

私が何か間違っていたわけでも、不足があったわけでも、悪かった訳でもなかった。







と、カウンセラーさんから言ってもらって、救われました。

もしまたこのような人に出会ってしまって、攻撃を受けてしまったら、「石ころにつまづいた」と思って相手にしないのがいいそうです。

つまづいて転んでしまったとしても、必要なら、必要な人へ報告・相談し、また立ち上がって歩けばいい、そう思えるようになりました。





ある議員さんが、秘書の方へ暴言暴行したと報じられ、音声データも繰り返しTVから流れてきます。

この人なら、「攻撃」しても大丈夫、とか考えて暴言暴行を繰り返していたとするなら。

議員さんは、勉強や仕事ができるとしても、人としての成熟ができていないままおとなになったのかもしれません。

もし仮に、秘書の方の不手際があったとしても、あの言い方や言葉のチョイスは、おとなとしてだめでしょう。

後から何を弁解しようにも。



あのヒステリックな声や言葉、抑揚。

じっくり聴くに耐えられないので、チャンネルを変えるか、TVを消してしまうようにしています。

聴いていると、表情まで思い浮かばれ、過去の出来事まで想起され、私までずしっと重い気持ちになるので、なるべく聴きません。


そう。

いやだな、と思うことは、できるだけ避けて過ごそう。




[PR]

by daysofhsp | 2017-09-15 13:45 | 共感しすぎる


<< 続:人としての成熟 と ヒステ...      HSP と IBS 疲れやスト... >>